ここはお前の日記帳じゃねえんだ チラシの裏にでも書いてろ な! という内容です。
by honda.ippei
一平の部屋
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

一平の部屋

mixi
mixi ID=138780
<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
「知」・「情」・「意」
人間の心は、「知」・「情」・「意」から成り立っていると言われます。

「知」は知恵・知識・知能のことですが、自分は普通に大学を卒業し、さらに資格の勉強などもしていることから、人並みには知識があると思います。

「情」は感情・情緒・思いやりのことですが、自分の場合は中学生くらいの程度で、とても三十路の大人の感情ではありません。

「意」は意志・意欲・やる気のことですが、自分の場合は劣等感からくる「怠け癖」を周囲の環境のせいにしたり、病気を隠れ蓑として様々な場面で手を抜いていたり、やるべきことを後回しにしてきました。

でも、最近では「情」がようやく18歳くらいにまで成長したかな…と思っています。

「意」はなかなか難しいですが、森田療法の言葉に「恐怖突入」というのがあります。失敗を恐れてなにもしないよりは、とにかく失敗をしてもいいからチャレンジし、、もし失敗をしたらそこから反省をし、次には同じ失敗を繰り返さなければ良いのだと気づきました。

最近では毎日が新鮮で刺激的でとても充実しています。こうやって日々努力をしていくという姿勢が大切なんだなぁと改めて痛感しました。
[PR]
by honda.ippei | 2009-09-26 21:31 | 日常生活
支えられて、生きてきました。
とあるマイミクさんの日記に「友達っていいな」という内容が書かれていました。

自分は対人恐怖症ではないのですが、コミュニケーション・スキルが小学生並なので、友達なんて多分一生作れないんだと思って今日まで過ごしてきました。

こんな性格の自分が嫌で、でもどうして良いかも分からずにいました。

ところが、よく振り返ってみると、実際は違いました。

中学生から一緒の学校の同級生。とても常識では考えられないような酷い事をして傷つけてしまったにも関わらず、笑って許してくれました。

ネットで知り合ったブログ友達。お花見に誘ってくれたり、うつ病で雨戸を閉めて真っ暗な部屋に閉じこもりっきりだった自分をプールに誘ってくれました。

ネットで知り合った友達。先日、一方的に悩みを書いたメールを送ったのに、しっかりアドバイスをくれました。

とあるサークルで知り合った、ご近所だった方。一人暮らしでノロウイルスで苦しんでいた時に「言ってくれれば必要なものを買い物してきてあげるよ」と優しい言葉を掛けてくれました。

自分はなんて幸せ者なんでしょうか。

いつも手を差し伸べてもらうばかりで、手を差し伸べることをしなかった自分なのに、それでも友達でいてくれる・・・。

今度は自分が手を差し伸べる番だと思いました。みなさん、本当にありがとうございます。
[PR]
by honda.ippei | 2009-09-24 17:55 | ゲイ
探しものは何ですか?
常に足もとに注意して歩く性格なので、よく物を拾います。

これまでにお財布は3回(最近拾ったお財布には45,000円も入っていて、警察署に持って行ったら無事落とし主が見つかりました)、携帯電話は2回拾いました。お財布についてはその度に調書を取られるので大変です。

そしてこの夏は家の中のゴキブリを5匹見つけました。

ゴキブリだけは勘弁していただきたいのです(「苦手」というより「怖い」です)…orz
[PR]
by honda.ippei | 2009-09-23 21:33 | 日常生活
外相整いて内相自ら熟す
現在、うつ病で精神科のクリニックに通っています。

トリプタノール100mg/dayで寛解(完治せずとも、臨床的に「問題ない程度」になること)しました。

この様な状態になったのは薬の効果があったからですが、それと同時に「森田療法」の本との出会いが大きいと思います。

自分は「神経症」であることに気づき、そして「神経症」について正しい理解をした事により寛解しました。

森田療法は非常に長い歴史がある反面、今の時代にそぐわないとも言われ、そのため現在の主流は「認知行動療法」になっていると思いますが、自分には森田療法が非常に効果的でした。

タイトルの「外相(がいそう)整いて内相自(おのずか)ら熟す」という言葉の原典は吉田兼好の徒然草第157段とのことですが、言葉の意味は「”気分がすぐれない”とか”憂うつ”という状態でも、健康人らしい生活をすれば、自然に心も健康的な状態になる」ということです。

森田療法では「あるがまま」という言葉がよく出てきます。それは「不安」を「消そう」とするのではなく、不安は不安として存在することを受け入れ、その上で目的本位、行動本位に生活するということです。

不安を消そうとすればするほど一層その不安に取りつかれてしまい、本来の目的が達成出来なくなります。

「外相整いて内相自ら熟す」ということを忘れずに、「あるがまま」に生活して行こうと思います。
[PR]
by honda.ippei | 2009-09-21 17:27 | 日常生活